労働安全衛生法が改正されました。

みなさんは、”労働安全衛生法”という法律をご存知ですか? 労働者の安全と衛生の両方についての基準が定められている法律です。 職場内の安全と健康の確保、さらに快適な職場環境の形成と促進を目的としている法律となっており、2014年に法改正が行われ、それにより従業員数が50人を超えるすべての事業所においてストレスチェックの実施が義務付けられました。 ストレスチェックとは、労働者にあらかじめ決められている質問に答えてもらうことでその回答結果をもとにどれぐらいのストレス状況であるかを調べるものです。 このストレスチェックは厚生労働省により定められています。 労働安全衛生法の最新動向はこちらからご覧いただけますし、こちらのページではストレスチェックの体験ができるチェックシートも掲載されています。 9つの簡易的な質問に答えると、ストレス状態がわかります。 また、事業所向けとしても ・ストレスチェック義務化法案の解説 ・法案の課題点と対策のポイント ・ストレスチェック義務化対応サービス といったものも掲載されていますので、合わせてご覧いただければと思います。 企業は労働者あってこそ大きく成長していけるものです。 まずは労働者の立場に立った会社作りをしていかなければなりません。

Posted in 法律一般 | No Comments

相続に強い税理士に相談できるツチヤ税理士事務所

実際に相続の問題を抱えている方も多いようですが、自分で手続をするのは、かなり大変ではないでしょうか。相続問題は、こじれないうちに税理士に相談した方がいいでしょう。 相続に強い税理士に相談したいけれど、知り合いがいないとか、大手の税理士事務所に依頼すると費用が高くなるかも知れないと不安な方もいるでしょう。そのような方に相続税申告のツチヤ(税理士)/東京都新宿区の土屋会計事務所をご紹介します。 相続税申告を専門にするツチヤ税理士事務所は、マンツーマン対応で相談料は無料です。実際に依頼するまでの費用はかからないので、安心して相続税申告を相談できるでしょう。もちろん見積り後の追加料金は掛かりません。 税理士事務所は何となく敷居が高いと思っている方は、ツチヤ税理士事務所にとりあえず、相談してみてはいかがでしょうか。申告書の完成まで、最短で3週間程度ですから、安心して相続税申告を依頼できます。 ツチヤ税理士事務所のサイトは、実際に相続税申告を依頼した方の感想や意見を掲載しているので、不安な方は確認するといいでしょう。相談は、いつでも無料ですから、電話や相談フォームを利用しましょう。 できるだけ低料金でスピーディな対応を希望する方は、新宿区のツチヤ税理士事務所を選んでみてはいかがでしょうか。

Posted in 仕事 | No Comments

観光もお仕事も、博多で宿泊するならこちらのホテルがおすすめです。

せっかく福岡まで来たことだし、お仕事ついでに観光も楽しんでみませんか。観光施設に近く、宿泊先としても申し分のないホテルが福岡空港からアクセスしやすい場所にあるんですよ。 福岡空港や博多駅、福岡都市高速道路からアクセスしやすい「カンデオホテルズ ザ・博多テラス」は、最高のもてなしでゆったりとくつろげるホテルです。観光施設が近くにあるので、余った時間を利用して博多観光を楽しむこともできます。 全てのお部屋には「シモンズベッド」が標準装備されています。シモンズベッドは世界でもトップクラスの品質とされ、最高の寝心地を味わえます。大き目の書斎デスクや無線LANがあるので、ビジネスでご利用のお客様にも安心です。デスクは必要ない、という方はくつろぎに最適なリラックスソファーのお部屋をお選びください。また、女性やカップルむけのお部屋もありますので、ご旅行にもご利用ください。 カンデオホテルズ ザ・博多テラスはこちらのページです。⇒https://www.candeohotels.com/hakata/ 朝ごはんには3種類のお弁当をご用意しております。明太子を楽しみつつ軽く食べたい方には315円のおにぎり弁当、季節の素材を味わい方にはお寿司や九州の郷土料理などが楽しめる525円の特選彩り弁当、朝からしっかり食べて栄養補給したい方は旬のお魚や多彩なお惣菜を楽しめる1,050円の特選お魚弁当がおすすめです。詳細はロビーまでお問い合わせください。 カンデオホテルズ ザ・博多テラスで疲れを癒したら、翌日も活動的に過ごせます。博多へ起こしの際は、カンデオホテルズ ザ・博多テラスでご宿泊ください。

Posted in 国内旅行全般 | No Comments

デイユースの使い方あれこれ?

ホテルは“宿泊するところ”と考えるのは、ちょっと古いようです。昨今は“デイユース”といって、日帰りプランに組み込まれているデイユースシステムも頻繁に使われているとか・・・。 日帰りプランといえば、ホテルよりも“日帰り温泉”のイメージが強く、日帰りで温泉を楽しむという行動は、非常にしっくりとくるのですが、どうも、日帰りホテルと聞くと、“ラブホ”のイメージが・・・。 ところが、実はそうではない!ホテルの使い方を調べてみることにします。 たとえば、全国展開している某ホテルのデイユースプランを見てみましょう。 *デイユース【11時30分~16時◆日帰り + ウェルカムコーヒー】で、狙いは、静かな部屋で集中して仕事をしたい時、ちょっとした着替えや休憩などなど。このコースで、料金が5000円前後。 *デイユース【11時30分~23時30分◆日帰り + ランチ】で、6300円から18800円。 6300円から18800円の金額のちがいは平日と土日祝日のちがいのようです。 予約状況をみると、結構、満室や残りわずかになっていますから、デイユースのニーズがあるということなのでしょう。 もうひとつ、ちがったデイユースの使い方があるようで、なかなか宿泊できないような高級旅館をデイユースで、手軽で格安に体験してしまおう!なのだそうです。

Posted in ライフ | No Comments